鳴本石材株式会社

小間番号:S6-37

共同出展社:

墓石,石材

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

少年ルビッチに夢を信じ、生きるチカラを与えたのは、
亡くなったお父さんのことばだった。


いつも厚い煙に覆われ、空を知らないえんとつ町。
煙の向こうに“星”があるなんて誰も信じていなかったが、
えんとつ掃除屋の少年ルビッチは、亡き父が話してくれた“星”を信じつづけていた。

そんな彼の前に、突然、
ゴミから生まれたゴミ人間プペルが現れる。

これは、愛する人を想い続けて起こった“奇跡”の物語。
これは、二人が巻き起こす、“信じる勇気”の物語。


原作絵本 公開中
絵本「えんとつ町のプペル」
https://poupelle.com/book.php

いつの時代も最愛のひとを亡くすことは、人生最大の悲しみです。
それでも、残された人は、最愛のひとが眠る場所「お墓」へ行き、
弔い、想いつづけ、
深い悲しみを乗り越え、生きてきました。


お墓は、故人を弔い供養する場所であり、
“生きるチカラ”をもらう場所です。
故人に安心してもらうために、故人の遺志を継ぐために、
そして、自分らしく生きるために、
お墓は必要だと思うのです。


お墓は、最愛のひと。
お墓は、残された人にとってのプペル。


あなたの人生にも、プペルを

-プペルメモリアル フルムーン-

西野亮廣氏(お笑いコンビ:キングコング)の絵本「えんとつ町のプペル」の世界観をモチーフとしたお墓「プペルメモリアル」

絵本「えんとつ町のプペル」は、信じぬくチカラの大切さだけではなく、家族の絆の尊さ、愛する人を想いつづけることの素晴らしさを教えてくれます。
そのメッセージは、供養文化の本質と重なり、亡き人と自分との関係をあらためて考えさせられるものです。

そこで、絵本「えんとつ町のプペル」をモチーフにした商品を開発し、供養文化の継承に貢献したいと考えます。

-Poupelle Memorial Concept-

たとえ、会うことができなくても、
語り合うことができなくても、
想いつづければ、
最愛のひとは、
あなたとともに生きつづける。
そして、プペルのように、
あなたが道を迷ったときは、
進むべき道を照らしてくれる。
こころが折れそうなほど
辛いことがあったときは、
生きるチカラをくれる。

あなたの人生にも、プペルを。


プペルメモリアル公式ホームページ
http://poupelle-memorial.com/

-故人の温もりを醸すレザータッチ加工-

星空に輝く満月のようなやさしさや人間らしいぬくもり表現するために、月をデザインした部分の表面には、まるで革のような質感を醸し出すレザータッチ加工を施しています。
レザータッチ加工は当社独自の加工技術により石の表面を革のように滑らかな質感に仕上げています。
また、経年劣化しにくい頑丈さも兼備しているため、時を重ねるごとに趣き豊かになっていきます。


-デザインを忠実に表現する精緻な加工技術-

デザインのライン部分には日本に数台しかない高精度な彫刻加工マシンを駆使、規則正しい間隔で並ぶ美しいラインが夜空に浮かぶ満月をより美しく際立たせます。

当ブースの
見どころはここ!

  • ブースのテーマ(注目ポイント)

    絵本「えんとつ町のプペル」の世界観をモチーフとした「プペルメモリアル」

    絵本「えんとつ町のプペル」は、信じぬくチカラの大切さだけではなく、家族の絆の尊さ、愛する人を想いつづけることの素晴らしさを教えてくれます。
    そのメッセージは、供養文化の本質と重なり、亡き人と自分との関係をあらためて考えさせられるものです。

    そこで、絵本「えんとつ町のプペル」をモチーフにした商品を開発し、供養文化の継承に貢献したいと考えます。

company information

会社名 鳴本石材株式会社
代表者名 鳴本太郎
住所 岡山県笠岡市茂平2918-23
電話番号 0865-66-1414
メールアドレス info@narumoto.co.jp
URL http://www.narumoto.co.jp/